ひとり親家庭等医療費助成事業

母子家庭、父子家庭の健康の保持と福祉の増進を図るため、県の助成を受けて市町村が医療費(入院時食事療養費は除く)の助成をする制度です。(所得制限があります)

給付対象者

・母子家庭、父子家庭の児童及び父母のない児童(18歳に達した年度末まで)


・母及び父(ただし、自己負担金は一医療機関ごと月1,000円)

 

※給付手続き等については、市町村により異なりますので、詳しくはお住まいの市町村役場担当課までお問い合わせください。